肌に合ったスキンケアは大切ですが、まずは洗顔から

乾燥肌の女性は、肌の手入れにはオイル配合のものを使用しているというケースが多いようです。

また、オイルでのマッサージをしたり、オイルを使用したパックをしたり、そして、クリームの代わりにオイルを使用して乾燥しづらい肌を保っています。

「常にツルツルとした肌になれてとても嬉しく思っています・・・」と、効果を実感している方もいらっしゃいます。

アトピーの場合は、乾燥に起因するかゆみも発症することが少なくありませんから、乾燥肌用の入浴剤を利用したり、保水成分が十分に配合されているスキンケアを使用すると良いと思います。

また、軟水で顔を洗ったり、体を洗ったりするのも良いでしょう。

軟水には刺激がきつい成分があまり入っていないので、敏感なアトピーの人にとってはとても良いのです。

しかし、敏感肌の方は、敏感肌専用のスキンケア商品を使えばいいというものではないようです。

肌の状態は人によって、それぞれ違ってきますので、その人の敏感肌の状態に合ったものを選び、ぜひ、使う前にパッチテストを行ってください。

できれば、その化粧品のトライアルセットを、まずは使用してみて、自分の肌に合うかを確かめて下さい。

それから、肌の潤いを損なわないためには、正しい洗顔法を行っていくことが、とても重要となってきます。

まずは、洗顔料ですが、最近は、汚れを落とす以外に保湿や美白などに有効な成分を含んだ洗顔料が販売されていますが、洗顔料は、汚れと一緒に洗い流してしまうものなので、シンプルな洗顔料で良いと思います。

シンプルな固形石鹸が余計な成分を含まないので一番のオススメになります。

ちなみに、洗顔フォームは、油分を含みしっとり感を得られものが多くありますが、肌に油膜を張ったような状態になり、その後に使用する化粧品の浸透をブロックしてしまうというデメリットがあります。

そして、洗顔法ですが、最初はぬるま湯で顔をぬらして素洗いします。

次に、洗顔料をよく泡立てて、その泡で汚れを落とすようにし、優しく丁寧に、しかし、あまり時間をかけないようにして、1分~1分半くらいで終わるようにしましょう。

決してゴシゴシと強く擦ったりしないように注意して下さい。

強く擦ってしまうと、角質を傷つけることになります。

最後は、生え際や顎の下など、泡が残らないように綺麗にすすいで、清潔なタオルを肌に軽く当てるようにして水気を取って終了です。

このように、洗顔料も、洗顔法もシンプルですが、美肌を保つにはとても重要で、洗顔はスキンケアの基本中の基本になります。

ニキビが顔以外にできた時の体の状態

誰でも一度はニキビを体験していると思いますが、一口にニキビと言っても、発生する原因はさまざまなで、発生する場所もさまざまです。

そんなニキビは、10歳代後半にできる思春期ニキビと20歳を過ぎて成人してからできる大人ニキビの2種類に分けられ、この2種類のニキビができる原因は違い、特に、大人ニキビの原因はさまざまで、どれか一つに特定することはできません。

また、思春期ニキビは、おでこや鼻まわりを中心にできやすいという特徴がありますが、大人ニキビは、顔以外に、背中や胸、お尻まで幅広く発生し、治ったと思っても、また同じところに繰り返してできるという特徴があります。

そして、思春期ニキビは、成長期における男性ホルモンの過剰な分泌により、皮脂が多量に分泌されることが原因で発生します。

これに対し、大人ニキビは、皮膚上が不衛生だったり、肌のターンオーバーの乱れによって角質肥厚が起って角質が毛穴を塞いだり、さらに、ストレスや生活習慣の乱れからホルモンバランスが崩れたりして発生するなど、さまざまな要因が複雑に絡み合って発生します。

また、免疫力の低下や内臓の不調によって現れてくることも多々ありますが、ニキビができてくる場所によって体の健康状態がどのようになっているかということが分かります。

例えば、首筋やデコルテ等は、汗や汚れが溜まりやすい場所であり、ニキビができやすいところですが、ここにニキビなどができた場合は、汗や汚れが原因であると同時に、健康状態にも異常が出ている恐れもあります。

デコルテの場合には、紫外線を浴び過ぎているということがあるので、外出する時はしっかりと紫外線対策を行いましょう。

外へ出る時は、少しの時間だからと甘く考えずに、必ずUVカットの日焼け止めクリームを塗ったり、日傘を使うなど、出来るだけ肌を露出さないようにすることが必要です。

さらに、首筋にできる場合は、婦人科系に関する部分の機能が弱まっているというケースもあるようです。

背中にできる場合は、洗髪に使用するシャンプー剤が原因ということもよくあるので、洗髪の後に体を洗って、背中にシャンプー剤の洗い残しがないようにしましょう。

お尻は、1日中座りっぱなしのディスクワークという人に多いようです。

1日中、硬い椅子に座りっぱなしなので、常に圧迫され、蒸れた状態にあるのが原因です。

背中やお尻は、汗も掻きやすいところなので、汗を掻いたら、きれいに拭いて着替えるなど、清潔な状態を保つことが大切です。