運動と痩身効果のある食材を食べて・・・

痩身効果のある食材と運動の組み合わせで、さらなるダイエット効果が見込めますし、美容や健康にもいい影響があります。

痩身効果のある食材とは、酵素が含まれる果物や生野菜、生の魚、納豆、味噌、漬物など、それに、リコピンを含むトマトやスイカも効果的とされています。

運動は、それほど激しく行う必要はありません。

ストレッチやウォーキングなどでもある程度の効果を実感できます。

ただし、短期間でなく、長期間継続することが大切で、また、急に何キロも減るようなことではありません。

それでも、時間的に余裕のあるときは、通常より長い距離をウォーキングしてみたり、拭き掃除などで身体を動かすのも効果的で、できれば、運動中は、筋肉を使うことを意識しましょう。

例えば、ただダラダラと歩くのではなく、下腹部に力をこめつつ、顎を引きながら前を向いて姿勢を良くし、腕を大きく振るなどして筋肉を使いながら歩くことを意識しながらつづけることで、効果を出すことができます。

そして、基礎代謝の数値をあげて体質改善を図るためには、筋力トレーニングなどの無酸素運動を日常に取り入れることが、とても有効でダイエット法の基本とも言えます。

さらに、酵素やリコピンを摂取することで、代謝機能や消化の働きなども高まり、結果的に、基礎代謝量も高まると言われています。

今まで、運動経験のない方は、年齢を重ねると加齢の影響で、筋肉がたいぶ衰えていますので、ウォーキングなどの有酸素運動でも、ある程度、筋肉を鍛えられると思います。

しかし、ある程度、筋肉が鍛えられると、有酸素運動では効果がなくなるので、筋力トレーニングなどの無酸素運動を行うようにしましょう。

理想的な運動する順番は、無酸素運動で筋肉を鍛えた後に、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行い、脂肪燃焼させるということで、逆の順番にならないようにして下さい。

また、筋肉を鍛えることで成長ホルモンが多く分泌されます。

成長ホルモンは、体脂肪の分解を促進するほかに、新陳代謝を活発にするという働きがあります。

ですので、筋力トレーニングを行うことで、基礎代謝量を高めて痩せやすい体に変わるだけでなく、美容にも効果的というわけです。

このように、運動で痩身効果を高めて、さらに、酵素やリコピンを摂取することで、さらなる効果が期待できます。